【被害&手続き】クレジットカードを乗っ取られた話

2018/08/30
見かけない番号から電話がかかってきたので出てみると、いつも使っているクレジットカード会社(VIEWカード)。


VIEW「以下のご利用にお心当たりはございますか?
 7月20日 iTunesで960円、
 7月25日 iTunesで730円、
 8月12日 iTunesで1260円、880円、760円、
 8月…(まだ続く)」

しーちきん「いえ…久しくiTunesは使ってないです」

VIEW「では、何者かがお客様のカード番号を利用した可能性が考えられます」



…ということで、

クレジットカードを乗っ取られました(汗)



カードの明細をちゃんと確認していなかったので慌てて先月利用分を確認すると、確かにBILL ITUNES COMの文字が…

clip_now_20180830.png
iTunesだけならバレないと思ったのか…?


一次的な被害額は約5000円。

しかるべき手続きを踏めば代金は返ってくるとのことで安心しましたが、手元のカードは利用停止、新しいカードを再発行とのことで、しばらく不便かつ手続きが面倒でした。

しかし、乗っ取られた原因を解決しないまま再発行だけすることには違和感というか不安しかない…



手元のカードの無効化・利用停止


ひとまず上記の電話をもって乗っ取りが確認できたということで、カードは無効化。

クレジット機能だけでなく、一緒についていたSuicaの機能も停止。外出中に電話をもらったので、帰りは久しぶりに切符で電車に乗りました(笑)

以降は家の引き出しに眠っていたSuicaが復活。



3日後には手続きの書類が到着。

①カード返送(要切り込み)
②「カードの使用に身に覚えがありません」という確認書(要サイン)
③海外店舗への調査依頼書(要サイン)

が必要でした。

DSC_8662.JPG




新しいカードの再発行・再登録


電話から1週間ほどで新しいカードが到着。

Suicaのオートチャージ機能も復活し、チャージ残高を気にせずに済むようになった解放感にしばらく浸るも、書面に書かれていた手続き事項を見て若干憂鬱に…


『公共料金のお支払い等は再度お申し込みが必要です。』


公共料金も携帯電話料金もクレジットカード払いにしていたので、1つ1つWEBで再申請しました。機械的にやればいいので心を無にすれば大したことない。



このような流れで結局、何が原因かわからないままですが、定常運転できるようになりました。

今月はブログにクレジットカードにと引っ越しばかりで慌ただしかったので、来月は平穏な日々が来ることを期待…

この記事へのコメント