ご飯をいくら食べても満腹にならない2歳児

2018/10/10
保健所へのとある相談。


「2歳になる息子がご飯をいくら食べても満腹にならないようなのですが大丈夫でしょうか?」


何を隠そう、この相談をしたのは母。もちろん息子というのは自分のこと。


この話は物心ついた頃から笑い話(?)として聞かされていました。

昔の写真を見ると、確かに丸々太っていてほぼドラえもん状態。

とはいえ、保健所に相談するなんて母はどんだけ心配性なんだろう…と話を聞かされる度に思っていました。


そして、時が過ぎること20年余り。

母の話が決して大げさではなかったことが明らかになりました…


ふと開いた母子手帳


先日、母子手帳を見る機会がありパラパラとめくっていると、乳幼児の成長曲線のページが目に飛び込んできました。

保健所への相談の話を思い出しながら母がプロットした体重を確認してみました。

20181010060220051.jpg


(体重は重めではあるけど、90パーセンタイルの中に入っているし、食べ過ぎだなんて大げさだなぁ…)

というのが正直な感想。むしろ、首すわりや寝返りが遅いことのほうが気になります。


グラフには続きがあった


先ほどのグラフは生後から1歳までのもの。

隣のページに続きのグラフがあり、そこを見て母が心配した意味を初めて理解しました。

20181010060344453.jpg


平均的な推移をしている身長に対し、90パーセンタイル曲線をぐんぐん引き離す体重…

特に2歳を過ぎてからの伸びは凄まじく、この辺りで相談に言ったものと思われます。


こんな体重推移でも問題ないらしい


母が相談に行ったときの保健師さんからの回答は

「たくさん食べる分には問題ない」

だったそうです。

現にその後はすこぶる健康体なので、母の心配は杞憂だったということになります(もしかすると20歳の頃フードファイターやってたのはこれと関係があるのかもしれませんが)。

では逆に、成長曲線の10パーセンタイル、90パーセンタイルには何の意味があるんでしょうか…?



とにもかくにも、もし将来同じような悩みを抱えたお母さんが相談に来られたら、自分の経験を元に安心させてあげたいと思います(笑)

医師がこの手の相談に乗ることは少ないように思いますが…
医学部受験生・医大生のブログ一覧はこちら↓↓
にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ 

関連する記事


スポンサードリンク

この記事へのコメント