【2018年版】国公立医学部入学者の年齢分布詳細をまとめてみた

2018/12/16
※(2020/9/30追記)
この記事は2018年版です。最新の2020年版はこちら↓



文部科学省による「医学部医学科の入学者選抜における公正確保等に係る緊急調査」も最終まとめが発表され、荒れに荒れた医学部入試騒動(?)も収束に向かいつつあります。

不正があったと発表されたのは神戸大学を除けば私立大学ばかり。その他の大学についてはこの一文でまとめられています。

この最終まとめを以て緊急調査は一区切りとなりますが,今後も,緊急調査では明らかにならなかった不適切な事案が追加的に判明することは否定できないと考えています。


この文科省の最終まとめを受けて、再受験界隈では以前から有名だった群馬大の女性の件が再び取り上げられたりしました。

賛否あると思いますが、個人的には大学は大学であり職業専門学校ではないので門戸は広く開かれるべきなのではないかと思うんですよね(汗)


スポンサーリンク

…というのが前置きで、久しぶりにブログを書いたのは、上記の記事でも紹介されている大学改革支援・学位授与機構のウェブサイトに面白いデータがあったからです。

なんと、過去7年の国公立大学の入学者数が学部別・年齢別に掲載されていて、

29歳までは1歳区切り、30歳~65歳は5歳区切りで見ることができます!

※(2018/12/26追記)
掲載したデータについて、正確だという意見、少しずれがあるとの意見それぞれいただいています。元データが実際の人数と少し異なっている大学があるかもしれませんのでご注意ください。



文科省の医学部調査の報告では一括りにされていた22歳以上の年齢分布を細かく見ることができるので、22歳以上の受験生にとっては非常に参考になるデータだと思います。

文科省の報告に基づく分析結果はこちらの記事をご覧ください。

ただ、大学の並びが微妙に変だったり全学部が掲載されていたりで、各大学の医学部のみを比較するには使い勝手が悪いので、2018年のものについてデータを整理してみました。北海道大学はデータなし、東京大学は理類の合計になっています。

国公立年齢別1.jpg

国公立年齢別2.jpg

国公立年齢別3.jpg

※40歳以上は少なかったのでまとめてしまいました。詳細は元データをご確認ください。


スポンサーリンク

こうして見ると、再受験に厳しいと言われていても意外に高齢の入学者がいる大学があれば、逆に22歳以上が不自然に(?)いない大学もあって大学によって全然違うということがよくわかります。

参考までに、25歳以上の入学者数ランキングTop10(2018年)は次のようになっています。

1 滋賀医科大学(15)
2 九州大学(14)
3 島根大学(12)
4 熊本大学(12)
5 新潟大学(9)
6 香川大学(9)
7 信州大学(8)
8 奈良県立医科大学(8)
9 富山大学(6)
9 金沢大学(6)
9 福井大学(6)
9 琉球大学(6)

※ 括弧内が人数。北大、東大は除外。

滋賀医科、九州は予想通りですが、北陸勢がものすごくがんばってますね(笑)



いかがだったでしょうか?

受験校選びの参考になればうれしいです。


以下では同じデータを3年分さかのぼってまとめたものを地方別に記事にしています。
①北海道・東北編
②関東編
③中部編
④近畿編
⑤中国・四国編
⑥九州編


その他、医学部や受験についての分析記事はこちらから。
医学部分析


twitterもやっているのでフォローしていただけると嬉しいです↓↓



スポンサーリンク
医学部受験生・医大生のブログ一覧はこちら↓↓
にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ 

関連する記事


スポンサードリンク

この記事へのコメント

  • 受験老人

    貴重な情報ありがとうございます。現在、まだセンター試験対策に悪戦苦闘している段階で、とても志望校を考える余裕はないのですが、もしセンターである程度点が出たら、この情報を参考に選定させてもらいます。今後もよろしく。
    2018年12月31日 06:47
  • しーちきん

    センターで全力が出しきれるよう頑張ってください!!
    2018年12月31日 18:52
  • 医学部への名無し

    群馬大の件ですが、この女性は面接で医学部の勉強は家事の片手間にするというような発言をしたという報道が当時あったことを覚えています。それが事実なら年齢に関わらず落としたくなる気持ちはわかります。いずれにせよある程度年齢を重ねてからの受験では、合格者トップ10に入る点数を取るぐらいの意気込みを見せないと差別以前に本気度を疑われても仕方ないかもしれませんね。
    2019年01月06日 20:43
  • しーちきん

    その文字通りの発言だったとしたら問題ありですが、主旨は家庭と勉強を両立させたいということでしょうから、それだけで落とされることもないように思います。
    面接の対策はできても実際の評価の中身は開示するまでわかりっこないので、面接点のあるところではせめて合格者平均以上を狙える力があると安心ですね。
    2019年01月07日 08:57
  • 再受験

    やっぱり国立も受験者差別はがっつりしていますよね。
    地方のAO、推薦にはセンター6割台の合格者もいるそうですし。
    文科省は国立をかばっているように見えるのですが、どう思いますか?
    2019年03月31日 00:22
  • しーちきん

    AOや推薦はペーパーテスト以外を重視して評価するものなので、大学の欲しい人材なのであればセンターがいくらであろうが問題ないのかなと思います。裏でどんな選考がなされてるのか知りませんが。

    文科省の動きについては、差別が公になった発端が私立であること、国公立で問題が公になると文科省の責任問題になりかねないことから、国公立をかばうような形になってるのかなと考えています。
    2019年03月31日 12:24
  • 国公立は特に女性に対する年齢差別がひどいように感じますね。
    女性再受験生の合格率が0%のところ多いですよね。
    2019年04月16日 09:48
  • しーちきん

    コメントありがとうございます。
    女性再受験生に限りませんが、受験者数が多くない場合は合格率ゼロだからと言って差別とは断定はできないと思います。
    2019年04月16日 12:50