センター直前1週間の過ごし方

2019/01/12
weekmark5.png


センター前最後の予備校のお仕事をしてきました。


センター試験本番まではあと1週間。

よく質問に来てくれる生徒達からは「本番直前の週にいないとはどういうことだ」とお叱りを受けました(笑)

働く気はまんまんだったのに、どうも校舎のスケジュールと合わなかったんです(…と、誰も見ていないここで言い訳をする)。


さて、そんなこんなでもっぱらの話題は

直前1週間をどう過ごすか?

ということでまとめてみたいと思います。


まずは当たり前の話


残り1週間と言っても、ここまで精一杯やってきている受験生であれば前々日までは特別なことをやる必要はないと思います。1週間前で区切る意味はないわけで、もっと前から決めていた(はずの)やりたいこと、やっておくべきことを淡々とこなすべき。


…なんて言っても始まらないので、あえて挙げるとすると以下の3つでしょうか。

①センターで苦手な分野の対策
1週間あれば数学、理科、社会それぞれの苦手な分野の1~2つは回せるはずです。

英語や国語は、読解力をここから上げるのはさすがに不可能ですが、単語や文法事項でこれまでの勉強で篩にかけられて残っているものの確認はやっておいたほうがいいと思います。


②予行演習
働いていたりすると1週間前の土日はじっくり時間がとれる最後の日だったりするので、センターパックなどで予行演習するというのも1つの手です。予備校などで直前テストみたいなことを既にやっていて感触が悪くなければ、わざわざ自分でやる必要はないと思います。

国語や数学(人によっては英語も)は最後は時間勝負。時間感覚は絶対に鈍らせてはいけないポイントです。

ここである程度自分のベストが出せることが理想ですが、新たな穴が見つかればそれはそれでラッキーということで。


③二次の準備
「もうやることない」「センター早く来い」という人は二次の準備を進めましょう(笑)



上記の①②をやる場合には、あわせて本番の前日にやることを整理しておくといいかもしれません。

「前日にやること」と言っても1日でできることなんてたかが知れています。そして、それが実際に試験に出る確率なんてかなり低いです。

頑張って詰め込むというよりは、「これを確認できたから明日は頑張ろう」と思える精神安定剤の位置づけです。ど忘れしがちなものや暗記事項で最終チェックしておきたいものを2、3個リストアップしておくのがいいと思います。


実際にやったこと


自分が過去に何をやっていたか日記をあさってみました。どうやら、勉強以外にも当日をいかにいつも通り過ごせるかを重視して過ごしていた動いていたらしい。

1週間前の土日


①センターパック(桃パック)
先ほどセンターパックでの予行演習をオススメしたのは自分がやったからに他ならないんですが、このおかげで本番は時間配分も得点もイメージ通りにできたと感じています。

結果の分析はこちら。マーク模試より断然本番に近い得点率でした。


②試験会場の下見
最近の若者(?)の中には「Google Mapさえあれば迷うことはない」という人もいますが、下見で得られることもけっこう多いです。

会場までの道順、会場の雰囲気をつかんでおいたので当日安心して向かうことができたように思います。また、早く着いたときに時間をつぶせるカフェなども確認しておきました(結局利用しませんでしたが)。

ちなみに、駅から適当に歩いていったら遠回りして案内に書いてあった時間の倍くらいかかりました(笑)


③私大医学部の過去問(≒二次対策)
これはセンター試験前に限らずずっと毎週末やっていたルーティン。

センター試験は傾向も頭の使い方も違うので、センター試験後スムーズに二次対策に移行できるできるように継続しました。


本番までの1週間


過去に書いたものをそのまま引用してみます(The 手抜き)
国語は最低限の点数をキープできているので、感覚を鈍らせないためにあと2年分くらい解いて臨みたい。

地理は今まで間違えたところを総点検。どれだけやったって知らない問題は出ちゃうから、ここまできたらやったことを完璧に近づける努力をしたほうが効果的。

英語は「やっておきたい700」でスピード維持。あと、通勤中にアクセント・文法のチェック+リスニング。

理科はマーク模試で間違ったところの復習くらいもう一度やっとこうかな。

数学は…空き時間でなんかやる。



センター前日


①ラーメン二郎
14214044747010.jpg

勝負の前のゲン担ぎでいつもやっていたことなのでポリシーを崩さず(笑)


②最終チェック
勉強は細々とした確認(主に古漢の復習)だけにして、試験会場に持っていく物と翌日の目標をチェックして早めに寝るようにしました。

働いていたので限られた時間の中ではありましたが、やりたかったことは全てできたという感触でした。


まとめ


センター試験までの1週間にフォーカスして書いてみました。

本番で力を発揮するためには精神的な部分もかなり大きいので、そこを意識した過ごし方ができるといいのかなと思います。


センター試験を実際に受けた時の記事はこちらをどうぞ↓↓


医学部受験生・医大生のブログ一覧はこちら↓↓
にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ 

関連する記事


スポンサードリンク

この記事へのコメント

  • ザ ・コブラ

    しーちきんさん、今までちょくちょくブログ拝見してました。働きながら受験され、成功されているので、とても励みにしております。
    私もフルタイム働きながらの受験で、しかも学士編入から方向転換してきたのでセンターの準備が追いついておらず、必死で対策しているところです!
    また更新を楽しみにしてます!
    ギリギリ滑り込むつもりなので頑張ります!
    2019年01月13日 00:46
  • しーちきん

    学士編入からの方向転換、しかも働きながらということで苦労されたことも多かっただろうとお察しします。
    センターを乗り切れば二次まで少し時間ができるので、お仕事もあり大変でしょうが最後の追い込みを頑張って二次につなげてくださいね!
    2019年01月13日 05:55