【再受験】単位認定したい人は志望校選びの際に学則を要チェック

2019/03/17
この時期、単位認定の記事を多くの方が読んでくださっています。



この記事は「再受験なら合格したら絶対やるべき!」みたいなトーンで書いてしまっているんですが、大学によってはどうもそれが当たり前じゃないところもあるようで…



単位認定する気満々で受験→合格して、いざ手続きしようとなった段階で認定されないことが発覚してしまったら泣くに泣けない気がします。

再受験生は志望校選びの際に単位認定の可否を確認しておいたほうがよさそうです。


スポンサーリンク

単位認定制度の有無の確認方法


確認方法はすぐに考えられるのは3つ。

①志望大学の事務に電話・メールする


最新の正確な情報を入手できる最も確実な方法。

でも志望校を絞っていく段階ではなかなか大変なので、まずは下記②③で見当をつけておいて、最終的な確認としてこの方法をとるのがいいかもしれません。

(メールの文面をコピペして各大学に送ればそうでもないか…)


②在籍している人に聞く


志望校に知り合いがいるなら手っ取り早い方法。

でも、その知り合いが手続きして以降に制度が変わっていないかは注意する必要があります。


③学則を読む


単位認定については各大学の学則に定められているので、大学が学則を公開していればインターネットから確認できます(「○○大学 学則」と検索すれば大抵引っ掛かります)。

単位認定制度の有無の確認方法の3つ目として挙げましたが最も現実的かもしれません。


以下では医学科での単位認定がある大学とない大学それぞれの具体例として鳥取大学(認定アリ)と冒頭のツイートで紹介した京都府立医科大学(認定ナシ)を紹介します。


スポンサーリンク

学則の具体例


【認定アリ】鳥取大学


鳥取大学を選んだのは単に検索で引っ掛かってしまったからで、特に深い意味はありません(汗)

学則の単位認定に関連する部分を抜粋したものがこちら。

tottori.png

単位認定制度のある大学の多くが似たような記述になっていると思います。

ただ、認定単位の上限など細かな部分は大学によって異なりますので注意が必要です。


【認定ナシ】京都府立医科大学


他大学で取得した単位が認定してもらえないと話題(?)になった京都府立医科大学の学則がこちら。

kyofui.png

第18条として「単位を認定する」としながらも医学科は対象外。看護学科では認定されるようです。

どのような背景でこんなことになっているんでしょうか…?



まとめ


志望校を決める前に知っておきたい単位認定制度の有無についてその確認方法を紹介しました。

認定されるかどうかで入学後の生活が本当に、本当にガラリと変わるので、認定申請予定の方はぜひ事前にチェックを…


認定手続きに関するこちらの記事も合わせてどうぞ。


医学部受験生・医大生のブログ一覧はこちら↓↓
にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ 

関連する記事


スポンサードリンク

この記事へのコメント