国公立医学部入学者の年齢分布の推移②~関東編~

2020/03/23
国公立医学部入学者の年齢分布推移の第2弾です。

今回は…関東編!

使用したデータについては第1弾のこちらの記事を参照してください。

見たい大学が決まっている方はこちらからジャンプできます。

大学別推移の目次
 ・筑波大学
 ・群馬大学
 ・千葉大学
 ・東京大学(※理類の合計)
 ・東京医科歯科大学
 ・山梨大学
 ・横浜市立大学


スポンサーリンク

大学別の推移


筑波大学


tsukuba2016-19.png


群馬大学


gunma2016-19.png


千葉大学


chiba2016-19.png


東京大学


tokyo2016-19.png

※理類の合計データなので医学部(理三)以外も含んでいます。


東京医科歯科大学


ikashika2016-19.png


山梨大学


yamanashi2016-19.png


横浜市立大学


yokoichi2016-19.png

※2017年のデータは見れませんでした。

スポンサーリンク

他の地域のデータ


他地域の大学のデータはこちら↓
①北海道・東北編
③中部編
④近畿編
⑤中国・四国編
⑥九州編


2019年の全国の年齢分布一覧はこちら↓
医学部受験生・医大生のブログ一覧はこちら↓↓
にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ 

関連する記事


スポンサードリンク

この記事へのコメント

  • 医学部専門予備校は
    関東の国公立は山梨以外全て年齢差別が厳しいという見解のところが多いですけど、横市はそんなに厳しくもないのですかね。
    2019年05月15日 20:29
  • しーちきん

    合格率を比較してないので差別の評価はできませんが、横市にはそこそこ再受験の合格者いますからね。むしろ医学部専門予備校が何を根拠に判断したいるのかが気になります。
    2019年05月15日 21:02