【留学】国際学生証の申込方法と発行までの期間

2019/06/18
海外旅行や留学に欠かせない国際学生証。

日本と同様に海外でも様々な学割がありますが、日本人の大学生が渡航先で割引を受けるために必須のアイテムです。

発行するのに1750円かかりますが、渡航先での割引額がそれを上回るのであれば申請しない手はありません。


留学に向けて申請をしていた国際学生証が出来上がったので手続きや発行までの期間を紹介したいと思います。

IMG_9kh4r7.jpg

※僕自身が行った生協窓口での手続きについて書いています。その他に郵送での手続きやアプリの利用も可能です。それらについては国際学生証の公式ページを確認してみてください。


スポンサーリンク

申請時に必要なもの


①申請書


生協窓口に行けば申請用紙を受けとることができます。

以下の②~④を持っていけばその場で必要事項を記入して申請することが可能です。


もしくは、公式ページからダウンロードできるので、自分で印刷・記入して持っていけば窓口でかかる時間が少なくて済むと思います。


②学生証のコピー


氏名、生年月日、発行年月日、有効期限が記載されている必要があります。普通の学生証であれば問題ないはずです。

もし両面にわたって記載されている場合は両方のコピーが必要です。 


学生証がない場合は3ヶ月以内発行の在学証明書でも大丈夫ですが、こちらは原本のみ可(コピー不可)だそうです。


③顔写真


顔写真はいくつか条件があります。

・カラー写真
・縦3.3cm×横2.8cm
・無帽、無背景、裏面に氏名記入

僕はちょうどよいサイズのものが手元になかったので、履歴所用の一回り大きな写真を上記のサイズに切って使用しました。


④お金


発行代金として1750円が必要です。

最近はほぼほぼキャッシュレスで過ごしているのでクレジットカードで支払いました。


スポンサーリンク

発行までの期間


発行までの期間は店舗によって異なり、こちらから確認することができます。

中には即日発行してくれる店舗もあるようです。

僕が申請したのは即日発行の店舗ではありませんでしたが、土日を挟んで4日で受け取ることができました。



最後に


国際学生証の申請手続きについて紹介しました。

学生証の有効期間は申請月から1年間です。

渡航先でお得に過ごすためにも余裕を持って申請するのがよさそうです。


スポンサーリンク


この記事へのコメント