【ホーキング博士】人生のボーナスステージという考え方

2018/03/16

イギリスの物理学者スティーブン・ホーキング博士が3月14日に76歳で亡くなりました。

再受験時代に(勝手ながら)本当にお世話になった方です。




このときの映画というのがこちら。

博士と彼女のセオリー [ エディ・レッドメイン ]

価格:1,000円
(2018/3/16 07:51時点)




ホーキング博士は学生の頃にALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症し、進行する症状に苦しめられながらも精力的に研究活動を続けられた方です。

その生きざま、業績も素晴らしいですが、その裏にあるポジティブな思考というか、溢れ出るエネルギーが本当にすごい。


「21歳のときに私の期待値はゼロになった。そのあとのすべてのことはボーナスみたいなものだ。」


「死は怖くないが、早く死にたいとは思わない。まずやっておきたいことが山ほどある。」

などなど。

詳しくはツイート内のリンクをご覧ください。



今年度の受験で上手くいかなかった方は、一度映画を見てみるとエネルギーをもらえるかもしれません。

合格を手にして暇(?)を持て余している方やその他の方にももちろんオススメです(笑)


彼の略歴を見てみると、講演を直に聞くチャンスがあったのにそれを逃していたというのが悔しすぎる…
医学部受験生・医大生のブログ一覧はこちら↓↓
にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ 

関連する記事


スポンサードリンク

この記事へのコメント